熱サイクル試験

  • ホーム
  • 会社案内
  • 業務内容
  • お問い合わせ
  • 熱サイクル試験

     

    熱サイクル試験は、試料に対し、高温・低温を交互に繰返し、温度変化率を15℃/分以下で与える事により、より適切な信頼性を評価する試験です。
    冷熱の衝撃に加え、試料に使用されている各部材の伸縮率の違いから生じる応力を繰返す事により、Crack等の破壊に至る場合があります。

     

    弊社では、試料の抵抗値をモニターする事で、低温・高温での試料状態の変化を観察する事が可能です。

     

     

    熱サイクル試験機

    熱サイクル試験装置

    espec TCC-150W
    温度範囲 : -70 ~ +180℃
    内法 : W800xH500xD340mm












    抵抗測定器

    抵抗測定器

    HIOKI RM3545-02






    チャンバー内温度測定器

    チャンバー内温度測定器

    GRAPHTEC GL220






    ご依頼・ご質問等のお問い合わせはこちら

     

    お問い合わせ