信頼性試験

  • ホーム
  • 会社案内
  • 業務内容
  • お問い合わせ
  • 熱サイクル試験

    試料に対し、高温・低温を交互に繰返し、温度変化率を15℃/分以下で与える事により、より適切な信頼性を評価する試験です。
    弊社では、試料の抵抗値をモニターする事で、低温・高温での試料状態の変化を観察する事が可能です。

    恒温恒湿試験/恒温恒湿バイアス試験

    恒温恒湿試験は、試料が恒温・恒湿条件下にさらされた場合の耐湿性を評価する試験です。 恒温恒湿バイアス試験は、恒温・恒湿条件下で試料に電圧を印加し、絶縁性を評価する試験です。

    ベンディング試験

    試験基板を一定の深さまで、繰り返し押し曲げた時、初期抵抗値から設定限界値に至るまでの繰り返し回数で強度を測定する試験です。 歪センサーを基板に取付け、曲げ値を設定した上で、繰り返しストレスを印加します。
    熱衝撃試験(ホットオイル試験)

    熱衝撃試験 (ホットオイル試験)は、電子基板を高温・常温のオイル槽へ交互に繰返し浸す事により、気相式の熱衝撃試験よりも短時間でスルーホールやビア等、試験前後の導通抵抗を評価する試験です。 又、試験中の導通抵抗モニタリング試験も可能です。